建築で頼れる専門家|設計・機能・あらゆる機能

個人宅だけではない法人向けの室外工事

様々なニーズに

バリアフリーとチャイルドスペースの設置が標準です

クリニックを開設するにあたって、多くの患者の利用を希望する場合には院内のレイアウトが重要になります。幅広い年齢層が来院しやすいように、よく考えて設計する必要があります。 クリニックの設計における今後の動向は、バリアフリー設計とチャイルドスペースの設置がすすむと予測されます。 バリアフリー設計によって、高齢者や車いすの人が利用しやすくなります。そのために、出入り口はもちろん待合室は診察室の段差を解消しておきます。エスカレーターの設置も効果的です。 また、チャイルドスペースの確保によって、子どもの患者や親子連れの来院をうながすことができます。小児科ではなくても、チャイルドスペースがあると来院する患者の幅が広がります。

クリニックの設計において注意すべき点

クリニックの設計において注意すべき点は、信頼できる業者を選定することです。 オフィスやクリニックのレイアウトを行っている業者は数多く存在します。そのなかから、費用やコンセプトに納得できる 業者を選びだす必要があります。選定する方法は、その会社の評判や実績から判断します。 また、設計業者と綿密な打ち合わせをするように気を付けます。業者と依頼主の話し合いや打ち合わせの場を多く持つことによって、設計段階の思い違いや疑問を解消することができます。そして、後のトラブルを防ぐことができます。 設計が終了した後は、施工業者や職人さんと意思の疎通を持つように心がけます。 また、いろいろなクリニックの設計実績があります。しかし、施工主は自分の