建築で頼れる専門家|設計・機能・あらゆる機能

個人宅だけではない法人向けの室外工事

最新のシステム

最大デマンドと契約電力

最大デマンドは使用電力を30分毎に計量し、ひと月の中で最も大きい値をいう。 もちろん最大デマンドは使用機器が同時刻に重なれば必然的に大きくなる。 契約電力が500kW未満で実量制契約の需要家の契約電力というのは、過去1年間遡り最大デマンドの最も大きい値が契約電力となる。 要するに電気料金の基本料金は契約電力に基づき計算される為この最大デマンドを抑制すれば、もし同じ分の電力を使用したとしても電気料金に差が出る。 それ故たまたま同時刻に多くの電力を使用してしまうと、この時の値がその後1年間最大デマンドとして保持されてしまう。 先のような最大デマンドの値を監視し、極大点を管理しようとする考え方をデマンドコントロールという。

デマンドコントロールシステム

デマンドコントロールでは電気の使用状況を監視しデマンド値を記録管理する。 どのような形で使用量を控えさせるかは様々な手法があるが、手動制御方式と自動制御方式がある。 手動制御によるデマンドコントロールの例をいうと、あらかじめ設定した目標値を超えそうな場合に警報を鳴らし、その警報を聞いた人間が手動で電気機器の入切を行うという方法がある。 自動制御によるデマンドコントロールの例をいうと、あらかじめ設定した目標値を超えないように事前に決めた優先順位に従って自動的に電気機器を制御(電力の遮断し危機を停止させる)させる方法がある。自動制御の中には、過去の電力の使用傾向などを学習し電力の需要予測をする賢いシステムもある。