建築で頼れる専門家|設計・機能・あらゆる機能

個人宅だけではない法人向けの室外工事

コストが抑えれる

無足場工法をご存知でしょうか

無足場工法という工法があります。 あまり一般的な工法ではないので、ご存知無い方も多数いらっしゃるかと思います。 この工法はその名の通り、足場を組まずに工事を行う方法です。 普段町中で見かける外壁工事では、当然建物の周囲に足場を組んで作業をしています。では足場を組まずにする工事とはどの様に行うかと言うと、屋上からロープを使ってぶら下がり、その状態で作業を行うのです。 一見危なっかしく見えるこの工法にどの様な利点があるかというと、実に様々な利点があります。中でも代表的な利点は足場を組まないことによる低コスト化です。改修費用の問題は、工事を依頼する側にとって変わることのない共通の問題です。無足場工法は徐々に広まりつつありますが、このコストの面が大きいと言えます。

注意しなければならない点について

コストの面以外で無足場工法を選ぶ理由は他にもあります。 特に、ある状況の場合は無足場工法以外の選択肢が無いと言ってもいいぐらいです。 それは隣接する建物との間が狭く、足場を組むスペースが無い。もしくは例え組めても高額な費用を要する場合がそれにあたります。 この様な立地条件の時に無足場工法の事を知らなかったら、多少の問題が見つかっても費用の面から諦めてしまいがちです。 建物の問題は見つかったならすぐに直した方が良いのは言うまでもありません。無足場工法と言う選択肢は是非覚えておいた方が良いでしょう。 しかし、無足場工法も万能と言う訳ではありません。 まず、屋上にロープを固定する必要があるので、屋上の状態によっては利用出来ない事。そして足場を必要とする削岩機を用いるような重作業は出来ない事です。 ですがこれらの事に注意さえしておけば、無足場工法は間違いなく魅力的な選択肢でしょう。

  • 予算や修繕内容を把握

    大規模修繕工事には多くの費用がかかってしまうので、すぐに決めずに丁寧に決めていく必要があります。また、業者を通して無料で見積もりを行ってくれるので、お店えらびをスムーズに進められます。

    ▶もっと読む

  • 知識を身に付ける

    解体工事を行なう際は専門の業者に依頼する必要があります。単に解体するのではなく、周囲へ被害や影響がないように解体する必要があり、これには専門的な知識が不可欠になります。見積をとり比較することが大事でしょう。

    ▶もっと読む

  • 様々なニーズに

    クリニックには、子どもからお年寄りまで幅広い年代の人がやってきます。それぞれに対応できるクリニックを作る為にも入念な設計は必要になるでしょう。また信頼できる業者を慎重に探していきましょう。

    ▶もっと読む

  • 最新のシステム

    夏場、気温が急激に上昇するのでエアコンや扇風機を利用する機会が多いでしょう。使用する電力が多いほど、料金はどんどん高くなります。使用する電力をデマンドコントロールで管理すると、料金を抑えられます。

    ▶もっと読む

  • ▶もっと読む